女の人

継続的なケアでヒビ割れをブロック|妊娠線を消せるクリーム

肌を再生させる

鏡を見る女性

美白と保湿を同時に行う

ニキビは、炎症が起きている時が一番扱いづらく見た目的にも気になることが多いですが炎症がある程度治まった段階も注意が必要です。ニキビは皮脂がつまりアクネ菌が増えることで炎症を起こし、場合によっては化膿することがあり落ち着くと徐々に体内に吸収されて時間をかけて肌が新しく再生されます。炎症がある程度治まったにきびは、ニキビ跡になり赤みを帯びます。ニキビ跡が赤みを帯びているのは、肌の奥深い部分で炎症が起きて皮膚の下にある血管が透けて見えているような状態だからです。ニキビ跡の赤みは、しっかりケアしないと色素沈着を起こしシミになることがあるので気を付ける必要があります。美白と保湿を同時に行うことが、大切です。

ビタミンCが豊富なもの

ニキビ跡の赤みには、ビタミンCが豊富な化粧品を使うことが大事です。ビタミンCには、保湿成分の生成を促すこととメラニンの生成を抑える働きがあるとされています。そこで、ビタミンCが配合された化粧品を使うことで肌の再生を促進して綺麗な素肌を取り戻すことが出来ると考えられています。皮脂と油分のバランスが崩れてしまうと、毛穴がつまりニキビの元となるアクネ菌が発生しやすくなるので水分と油分のバランスを保つためには化粧水と乳液は常にセットで使うようにすると良いと言われています。ビタミンCが含まれた化粧品を使うことで、潤いと白さを取り戻してニキビの改善はもちろんのこと更に美しい肌にすることが出来るようになります。